【貯金のノウハウ】「貯金、続かない…」を解決!効率的にお金を貯める方法

貯金

「貯金を始めてはみたものの、なかなか続かない…。どうして自分は貯金ができないのだろう?」

資本主義社会である以上、貯金や蓄財は豊かな人生を歩んでいく上で欠かせない要素です。しかし、増税や物価高が続き、更に多くの誘惑に溢れた現代日本では多くの人がこのような悩みを抱えています。

私自身、お金の勉強を始めるまではなかなか貯金額を増やせずにいました。

お金を貯められるようになった現在では考えられないことですが、当時の私の主観では「使っていないのにお金が無くなった」という感覚でした…。

しかし、安心してください。20歳の時には年間10万円も貯められなかった私でも、26歳になった現在では、年間200万円以上貯められるようになりました。

そのノウハウをこの記事で紹介します。この記事のポイントは以下の3つです。

  • 1. 貯金の効率化:貯金をもっと効率的にする方法。
  • 2. モチベーションの維持:貯金を続けるためのモチベーションを保つコツ。
  • 3. 失敗原因の分析:これまでの貯金が続かなかった原因を理解し、改善策を学ぶ。

記事を読み終えた後、あなたは貯金を継続し、目標を達成するための明確なビジョンと具体的な行動計画を持つことができるようになります。

トモヤ

現代社会を構成するありふれた社会の歯車。
「お金で困らない人生」を送るための知識を紹介していきます。
投資経験は5年ほど(国内個別株、投資信託、仮想通貨など)

トモヤをフォローする

貯金の基本

貯金とは、未来のためにお金を管理し、貯めておくことです。

生活に必要なお金以外を少しずつでも貯めていくことで、将来の夢や目標に向かって一歩ずつ進むことができます。

貯金をする上で最も大切なのは、目標を設定することです。目標があると、貯金をする意味がはっきりし、モチベーションの維持にもつながります。

貯金とは?目標設定から始める貯金の基礎知識

貯金を始める前に、何のために貯金をするのか、その目標を明確に設定しましょう。

目標は、「1年後に100万円貯める」「将来のために老後資金を準備する」「子どもの教育費用を貯める」など、人それぞれです。目標を設定することで、貯金への意識が変わり、具体的な計画を立てやすくなります。

目標設定の際に大事なポイントを以下にまとめます。

  • 収入や生活費を見たうえで実現可能であること
  • 1か月、1年などの短期で目標を定めること

【年代別・世帯別】みんなの平均貯金額とは

貯金の平均額は、年齢や世帯によって大きく異なります。

総務省の家計調査によると、20代の単身世帯の平均貯金額は約100万円、30代の場合は約300万円になります。

また、子どもがいる家庭では、子ども1人あたり平均で約500万円以上の貯金が必要とされています。これらのデータから、早いうちから貯金を始め、計画的に貯金額を増やしていくことが重要であることがわかります。

老後の生活資金や子どもの教育費など、将来必要となる費用は決して少なくありません。国立社会保障・人口問題研究所が示すデータによると、将来の生活費や教育費のためには、計画的な貯金が不可欠であることが示されています。

貯金を続けるメリット

貯金を続けることは、ただ単に将来のためにお金を貯めるという行為以上の意味を持ちます。

貯金ができる人とできない人の違いを理解し、貯金を続けないときに見られる失敗の共通点を把握することで、貯金の本質とその重要性を深く理解することができます。

貯金ができる人とできない人の違い

貯金ができる人は、一般的に収入と支出をしっかり管理しています。

彼らは自分の財務状況を正確に把握し、無駄遣いを避け、貯金を生活の一部として取り入れています。また、目標を設定し、それに向かって計画的に貯金をしていくことで、モチベーションを維持しています。

一方、貯金が続かない人は、収入に対する支出の管理がうまくできていない傾向があります。

衝動買いや計画性のない支出が多く、貯金を習慣化することができていません。目標設定が曖昧で、貯金に対する具体的な計画がないことも、貯金が続かない一因となっています。

貯金が続かない理由とは?失敗の共通点

貯金が続かない主な理由として、以下のような失敗の共通点が挙げられます:

  • 無計画な支出
    収入があるとすぐに使ってしまい、将来のための計画的な貯金がなされていない。
  • 目標の欠如
    具体的な貯金目標がなく、なぜ貯金するのかというモチベーションの源が不明瞭。
  • 自己管理の不足
    自分自身の財務状況に対する理解が不足しており、どれだけの金額を貯金できるかの把握ができていない。

日本の家計調査では、多くの世帯が収入の大部分を消費に使っており、貯金に回せる金額が少ないことが示されています。

また、若年層では特に、目標設定の重要性が理解されていないために、貯金が続かないケースが多く見られます。

貯金を続けることのメリットは多岐にわたります。

貯金は将来の不測の事態に備えるだけでなく、大きな買い物や夢の実現のための資金を作ることができます。

また、金銭的な自立を実現し、心理的な安心感を得ることもできます。

貯金を効率化するテクニック

貯金を成功させるためには、ただ単にお金を貯めるだけではなく、その過程を効率化することが大切です。

効率化することで、同じ時間と労力をかけても、より多くのお金を貯めることが可能になります。

収入に対して支出を抑えるコツ

貯金の最も基本的な方針は、収入から支出を引いた残りを貯金することです。

しかし、このシンプルな原則を実践するのは意外と難しいものです。以下のコツを実践することで、支出を抑え、貯金を増やすことができます。

  • 毎日の支出を記録し、不必要な出費を見つけて削減する。
  • 大きな支出の前には、必要性をよく考え、可能ならば比較検討を行う。
  • 節約のための小さな習慣を身につける。例えば、外食を減らす、節水・節電に努めるなど。

固定費の見直しと節約方法

固定費は毎月一定の支出であり、ここを見直すだけで大きな節約につながります。

固定費の主な項目には、住宅費(家賃やローン返済)、光熱費、通信費などがあります。以下の方法で固定費の節約を図りましょう。

  • 携帯電話やインターネットのプランを見直し、より安いプランに変更する。
  • 電気やガスの使用プランを見直し、最適なものを選択する。
  • 無駄なサブスクリプションサービスを解約する。

先取り貯金とは?金利の高い銀行の選び方

先取り貯金は、収入が手に入ったらすぐに貯金分を別の口座に移す方法です。

この方法を使うことで、無駄遣いを防ぎ、確実に貯金を増やすことができます。また、金利の高い銀行を選ぶことも貯金の効率化には重要です。

高い金利の銀行を選ぶことで、同じ金額を貯めたとしても、より多くの利息を得ることができます。

  • 金利の比較を行う際は、インターネットで情報を集めると良い。
  • 定期預金やネットバンキング専用の高金利口座を活用する。
  • 勤め先が大企業の場合、給料天引きの積立制度のある会社もあるので検討する。

このように、貯金を効率化するためには、日々の支出の管理、固定費の見直し、そして先取り貯金と金利の高い銀行選びが重要となります。これらのテクニックを上手に活用して、無理なく、効率的に貯金を増やしていきましょう。

資産運用で貯金を増やす

貯金だけでなく、資産を運用して増やすことも重要です。賢く資産を運用することで、貯金の効率を大幅に向上させることができます。

NISAとiDeCoを活用した貯金術

NISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)は、税制優遇を受けながら資産運用ができる制度です。

これらを利用することで、税金の負担を減らしつつ、長期的に資産を増やすことが可能になります。

  • NISA
    NISAは投資による利益(配当金や株価の上昇による差益)に対して非課税となる制度です。王道の投資法として、毎月一定額を投資することで、リスクを分散しつつ長期間にわたり資産を増やすことを目指せます。
  • iDeCo
    iDeCoは、自分で掛金額を選び、年金として将来受け取るまでの運用益が非課税となる制度です。老後の資産形成に役立ちます。

これらの制度は、国が推進する資産形成支援策の一環であり、特に長期的な視点で貯金を増やしたい人におすすめです。

再現性の高い投資をする

貯金を効率的に増やすための投資には、再現性の高い方法を選ぶことが重要です。

S&P500や全世界株式(オールカントリー)などに投資するインデックス投資は、この点で非常に有効です。

インデックス投資とは、特定の株価指数に連動するように設計された投資信託に資金を投じることで、市場全体の平均的なリターンを目指す投資手法です。

  • インデックス投資のメリットは、専門知識がなくても市場平均のリターンを得ることができる点です。
  • 長期的に見ると、株式市場は右肩上がりに成長する傾向があるため、インデックス投資は資産を着実に増やすことができる手法と言えます。

投資はリスクを伴いますが、これらの制度や手法を活用することで、リスクを管理しながら貯金を増やすことが可能です。投資を始める際には、自分のリスク許容度を考慮し、無理のない範囲で行うことが大切です。

資産運用を通じて貯金を増やすことは、時間を味方につけることです。NISAやiDeCoを活用し、再現性の高い投資を心掛けることで、将来に向けて着実な資産形成を目指しましょう。

注意点とリスク管理

貯金を成功させるためには、ただ単にお金を貯めるだけではなく、その過程で遭遇する可能性のあるリスクや注意点を理解し、適切に管理することが非常に重要です。

ここでは、貯金が苦手な人がストレスなく貯金を続けるための対処法と、貯金をする上での心構えや失敗しないためのアドバイスについて解説します。

貯金が苦手な人のためのストレスフリーな対処法

多くの人が貯金を始めるものの、途中で挫折してしまう最大の原因は、ストレスです。

貯金をストレスなく続けるための対処法には以下のようなものがあります。

  • 自動振り込みを設定する
    給料日に自動で一定額が貯金口座に振り込まれるように設定することで、意識せずとも自然と貯金が増えていきます。
  • 小さな目標を設定する
    大きな目標よりも、達成可能な小さな目標を設けることで、達成感を味わいやすくなり、モチベーションの維持につながります。
  • 貯金の目的を明確にする
    貯金をする目的を明確にすることで、その目的に向かって進んでいる実感を持ちやすくなり、貯金へのモチベーションを保つことができます。

貯金のための心構えと失敗しないためのアドバイス

貯金を続けるためには、正しい心構えを持つことが大切です。以下に、貯金を成功させるための心構えとアドバイスを示します。

  • 短期的な欲求をコントロールする
    即座の快楽を求める消費を控え、長期的な視点で物事を考えることが重要です。
  • 予期せぬ出費に備える
    予期せぬ出費があってもパニックにならないよう、非常用の貯金を別に設けることが大切です。
  • 継続は力なり
    少額でもいいので、継続的に貯金をすることが大切です。習慣化することで、少しずつでも確実に貯金を増やすことができます。

貯金を成功させるためには、これらの対処法や心構えを実践し、日々の生活に取り入れることが非常に重要です。

アプリを使ってモチベーションを高める

貯金を効率化し、モチベーションを維持するには、自身の資産状況を記録し、振り返って確認することが非常に大切です。

特に、資産状況の推移をグラフ化すると、自身の努力が視覚化され、モチベーションの維持に繋がります。

ここでは、私自身が使っていた方法やおすすめのアプリを紹介します。

エクセルを使った資産管理

貯金、蓄財を始めた初期であれば、記入する項目も少ない為、エクセルやスプレットシートなどの表計算ソフトでの資産管理がおすすめです。

毎月決まった日付に銀行の残高、給与額、銀行から引き出した額、クレジットカードの使用額などを記録しましょう。

エクセルなどの表計算ソフトでの資産管理方法は、自分好みにカスタマイズすることが可能なため、マメでこだわりの強い人には特におすすめです。

資産管理に表計算ソフトを使用するメリット

  • お金が掛からない
  • カスタマイズ性が高い

資産管理に表計算ソフトを使用するデメリット

  • 記録が手作業な為手間がかかる
  • PCが無いと記録が難しい

 資産管理アプリ「マネーフォワード ME」

1つのアプリで全ての資産状況を確認したい人にはマネーフォワード MEがおすすめです。

銀行口座や証券口座、暗号資産口座、クレジットカードだけでなく、Amazonや楽天市場などのショッピングサイトまで連携することが出来ます。

連携する際にログインIDやパスワード、APIキーなどを求められる為、少々手間ではありますが、一度できてしまえば最新の状況をまとめて確認することが出来ます。

資産管理にマネーフォワード MEを利用するメリット

  • 1つのアプリで全ての資産状況を確認できる
  • ワンタップで最新の資産状況を確認できる(有料版)
  • 自動で家計簿を作成してくれる(有料版)

資産管理にマネーフォワード MEを利用するデメリット

  • 無料版だと機能制限がある(5件目以上の金融機関の登録、一括更新など)
  • 連携が少々手間が掛かる
マネーフォワード|家計簿アプリやクラウド会計ソフト
すべての人のお金のプラットフォーム MoneyForward - お金・資産管理なら家計簿アプリ「マネーフォワード ME (ミー)」を今すぐダウンロード!法人・個人事業主向け「マネーフォワード クラウド」で会計ソフトなどバックオフィス効率化...

効率的にお金を貯める方法まとめ

この記事を通じて、貯金を始める基本から、貯金を続けるメリット、貯金を効率化するテクニック、資産運用で貯金を増やす方法、そして注意点とリスク管理に至るまで、幅広い情報を提供しました。

読了後には、以下のポイントを抑えていただければ幸いです。

  • 1. 目標設定が貯金成功の鍵
  • 2. 支出の見直しで貯金を増やす
  • 3. 資産運用で貯金の増加を加速
  • 4. ストレスフリーな貯金法を実践
  • 5. 適切なツール・サービスの活用

これらのポイントを活かして、効率的にお金を貯め、理想の貯金ライフを実現させましょう。

このブログでは、資産形成や投資に関する記事をメインに投稿しています。よろしければこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました