【20代の貯金】若いうちに知っておくべき貯金の知識

貯金

就職して自分で給料をもらうようになり、資産管理も自分で行うようになる20代。SNSやネット記事を見て、「自分の貯金額、低すぎ?」と思ってしまうことも少なくないかもしれません。

「若いうちは経験にこそお金を使うべき。貯金は最低限でいい」という意見を持つ人は一定数います。

間違った意見とまでは思いませんが、この意見を真に受けてしまうと、貯金、資産形成に真摯に向き合ってきた人々との間に覆しようのない差が出来てしまうかもしれません。

この記事では、20代から始める貯金のメリット、貯金のやり方を紹介していきます。

記事のポイントは以下の3つです。

  • 1. 20代の平均貯金額と、それを左右する要素
  • 2. 効率的にお金を貯める方法とコツ
  • 3. 貯金をサポートするおすすめのツールとサービス

この記事を読み終えたとき、あなたは自分自身の貯金に関する見識を深め、将来に向けた明確な計画を立てることができるようになるでしょう。

20代のうちから賢くお金を管理し、夢や目標に一歩ずつ近づいていくための第一歩を、この記事から始めましょう。

20代の貯金額に関する基礎知識

20代の平均貯金額と年収

20代の平均貯金額については、年齢や職種、そして生活スタイルによって大きく異なりますが、一般的なデータを見ると、20代の平均貯金額は約176万円程度とされています。

その一方で、20代の貯金額の中央値は20万円です。

この数値はあくまで平均値であり、貯金額ゼロの人もいれば、数千万円貯金している人もいます。

また、20代の平均年収は約300万円から400万円の間とされており、初めての社会人生活で得た収入をいかにして貯金に回すかが重要なポイントとなります。

貯金額の平均値と中央値の違い

平均値とは、全データの合計をデータの個数で割った値のことを指し、一方で中央値は、全データを小さい順に並べたときに、ちょうど真ん中にくる値のことです。

例えば、貯金額20万円のAさん、貯金額60万円のBさん、貯金額100万円のCさんがいたとします。

この3人の場合、貯金額の平均値は全員の貯金額の合計を3で割った60万円となります。

しかし、そこに貯金額1億円のDさんが加わった場合、平均値は2500万円以上となり、実際の貯金状況を反映しづらくなります。

これに対し、中央値はそのような極端な値の影響を受けにくく、より多くの人の典型的な貯金額を示す指標となります。

20代の貯金額に影響する要因

20代の人々が直面する貯金の課題は多岐にわたります。

特にライフイベントの発生、一人暮らしの経済的負担、そして貯金がない状態での生活のリアルが大きな影響を及ぼします。

ここでは、これらの要因が20代の貯金額にどのように影響するかを詳しく見ていきましょう。

ライフイベントにかかる費用

20代は人生の大きな変化が起こりやすい時期です。

結婚、転職、引っ越しなどのライフイベントは、大きな金銭的負担を伴うことがあります。

例えば、結婚式の平均費用は300万円とも言われており、これに新生活のスタートに必要な家具や家電の購入費用が加わると、相当な貯金が必要になります。

また、転職に伴う引っ越し費用や、新しい職場での生活基盤を築くための初期費用も無視できません。

一人暮らしの平均生活費と必要貯金額

一人暮らしを始めると、家賃、光熱費、食費など、生活に必要な全ての費用を自分で賄う必要があります。

都市部では家賃が特に高く、生活費もそれに比例して高額になりがちです。

平均的な一人暮らしの生活費は月に15万円程度と言われていますが、これは地域やライフスタイルによって大きく変わります。

貯金をするためには、これらの基本的な生活費を管理し、どれだけ減らせるかが重要となってきます。

貯金なしの20代が直面するリアル

貯金がないと、急な出費や将来に向けた資金計画を立てることが難しくなります。

例えば、病気や怪我で仕事を休むことになった場合、収入が途絶えてしまい、生活に必要な基本的な費用を賄うことができなくなる恐れがあります。

また、将来の大きな買い物やライフイベントのための資金計画も立てられず、夢や目標を実現することが困難になります。

これらのリアルを踏まえると、20代での貯金の重要性がより一層明確になります。

貯金は将来に向けての安心材料であり、突然の事態にも対応できるようになります。

また、ライフイベントの際にも、金銭的なストレスを減らし、より良い選択をすることができるようになります。

20代で貯金するメリットとチャレンジ

20代から始める貯金の重要性

20代から貯金を始めることは、将来への大きな一歩です。

この時期に貯金を始める最大のメリットは、複利の効果を最大限に活用できることです。

複利とは、投資したお金が生み出す利益にさらに利益がつくことを言います。基本的に、早く投資を始めるほど時間が味方し、大きな富を築くことが可能となります。

経済学では「時間の価値」という概念があり、これはお金が時間とともに増加する価値を持つというものです。

例えば、若いうちに少額から貯金、投資を始めた人は、長い時間をかけてその貯金を成長させることができます。

一方で、30代、40代から始めると、同じ成長を達成するためにはより多くのお金を初期に投入する必要があります。

実例を挙げると、20歳で月1万円を年利5%で投資した場合、65歳までの45年間で約1,400万円に成長します。

しかし、30歳から同じ条件で始めると、その金額は約780万円にしかなりません。この違いは、時間の力と複利の効果によるものです。

老後資金や緊急予備資金の必要性

近年、社会保障制度の将来に対する不安が高まっています。

そのため、自分自身で老後の生活資金を確保することが非常に重要になっています。

また、予期せぬ出来事に備える緊急予備資金を持つことも、安心して生活を送るために必要です。

老後に必要な資金は約2000万円とも言われています。しかし、多くの人がその額を貯めることができていません。

20代のうちからコツコツと貯金をしておくことで、将来にわたって安定した生活を送ることができるようになります。

実例として、緊急予備資金がいざという時に役に立った話は多くあります。

例えば、急な転職や健康上の問題で仕事を休む必要があった時、緊急予備資金があることで生活の質を保ちながら乗り越えることができます。

FIREを目指せる

FIRE(Financial Independence, Retire Early)とは、「経済的独立を達成し、早期退職する」という考え方です。

20代から貯金と投資を始めることで、体力の衰えた還暦を迎える前に、自分の時間を自由に使える生活を手に入れることが可能となります。

この実現には、収入の大部分を貯金や投資に回し、生活費を抑えるなど、厳しい節約と資産管理が必要になります。

しかし、若いうちから始めれば、複利の力を味方につけ、より少ない資金で十分な資金を用意することが出来ます。

20代における貯金の実例と口コミ

貯金を始めたいけれど、どうすればいいかわからない。

そんな20代の方々に向けて、実際に貯金に成功した人たちの体験談や、評判の良い貯蓄方法を紹介します。

この情報が、これから貯金を始める方や、貯金額を増やしたい方の参考になれば幸いです。

貯金成功の体験談

貯金を成功させた多くの20代は、共通していくつかのポイントを押さえています。その中から特に印象的な体験談をいくつか紹介します。

一人は、「給料の30%を貯金する」というルールを設けたAさん。

最初は生活費を圧迫するかと心配したものの、支出を見直し、無駄遣いを減らすことで、驚くほどスムーズに適応できたといいます。結果として、3年で100万円を超える貯金に成功しました。

また、別の方法として、「毎月3万円の定額貯金」を始めたBさんの例もあります。

給料が振り込まれる口座を2つ用意し、片方の口座には毎月3万円が振り込まれるようにしました。感情に左右されることなく貯金が継続でき、気が付けば3年で108万円の貯金に成功していました。

各種貯蓄方法の評判

貯金の方法は一つではありません。以下は、特に評判の良い貯蓄方法のいくつかです。

  • 定期預金
    少しでも金利を得たいと考える方に適しています。金利は決して高くはありませんが、預けたお金を一定期間引き出せないため、無駄遣いを防ぐ効果もあります。
  • 自動積立貯金
    毎月一定額を自動で貯金口座に移す方法です。この方法の良い点は、貯金を「見えない化」することで、気づいたらかなりの額が貯まっていることに驚くことです。
  • 投資信託
    少しリスクを取ってでも増やしたいと考える方に適しています。運用成績によっては元本を下回る可能性もありますが、長期的な視野で資産形成を目指す方には人気の方法です。

これらの方法はそれぞれにメリット、デメリットがあります。自分のライフスタイルや目標に合った方法を選ぶことが重要です。

20代は貯金を始めるにあたって非常に良い時期です。

まだ貯金が少ない、またはこれから始めようと考えている方も、今紹介した実例や方法を参考にして、自分に合った貯金法を見つけ、着実に貯蓄を増やしていってください。

貯金のコツと効率的な方法

貯金をすることは、将来のために非常に重要です。特に20代のうちから貯金を始めることは、安定した未来を築く第一歩となります。

では、どのようにして効率的に貯金を増やしていけば良いのでしょうか。

ここでは、家計簿の活用、毎月の貯金額の目安、資産運用など、貯金のコツと効率的な方法を紹介します。

家計簿の活用と支出管理

まず最初に、家計簿の活用が挙げられます。

家計簿をつけることで、自分の収入と支出を明確に把握でき、どこにお金が流れているのかを知ることができます。具体的には、以下のような方法があります。

  • 毎日の支出を記録する
  • 固定費と変動費を区別する
  • 不必要な支出を見つけ出し、削減する

これらのステップを踏むことで、毎月の節約額を増やし、それを貯金に回すことができます。

家計簿をつけるには、マネーフォワード MEがおすすめです。

マネーフォワード|家計簿アプリやクラウド会計ソフト
すべての人のお金のプラットフォーム MoneyForward - お金・資産管理なら家計簿アプリ「マネーフォワード ME (ミー)」を今すぐダウンロード!法人・個人事業主向け「マネーフォワード クラウド」で会計ソフトなどバックオフィス効率化...

毎月の貯金額の目安と節約術

次に、毎月どれくらい貯金すべきか、その目安と節約術です。

一般的には、収入の20%〜30%を貯金に回すことが推奨されていますが、これは個人の生活状況によって変わります。

節約術としては、以下のような方法が有効です。

  • 節水・節電で光熱費を減らす
  • 外食を減らし、自炊を心がける
  • 不用品を売るなどして、収入を増やす

資産運用とNISA、iDeCoを利用する方法

最後に、資産運用の方法です。ただ貯金するだけでなく、そのお金を増やすことも重要です。

NISAやiDeCoなどの制度を利用することで、税制面で有利に資産を増やすことが可能です。

  • NISA(少額投資非課税制度)
    投資した利益が非課税になる制度です。若い世代ほど長期的な視野で資産運用を行うことができるため、非常におすすめです。
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
    将来の年金として、税制優遇のもと自分で資金を積み立てる制度です。老後の安心を得るためにも、早いうちから始めることが良いでしょう。

これらの制度を利用することで、資産を効率的に増やすことが可能になります。

20代の貯金と節約における注意点

20代での貯金や節約は、将来への大切な一歩です。

しかし、その際にはいくつかの注意点があります。

ここでは、貯金と節約を進める上で、ライフイベントを犠牲にしないこと、健康を害する節約は避けること、そして将来を見据えて必要なものを選択することの大切さを説明します。

ライフイベントを犠牲にしない

貯金は大切ですが、結婚や旅行などの大切なライフイベントを犠牲にしてはいけません。例えば、結婚式は一生に一度のイベントです。

心の底からやりたくないのなら良いですが、お金があればやりたいと思っているのであれば、貯金や節約のために犠牲にするのは避けましょう。

無理な節約で後悔することのないよう、計画的に貯金を進めることが大切です。

  • 計画的な貯金
    ライフイベントのための貯金は、早めに計画を立て、少しずつ積み立てていくことが大切です。
  • 予算の設定
    ライフイベントには予算を設定し、それに基づいて費用を抑える工夫をしましょう。

健康を害する節約はしない

節約は賢い生活のために必要ですが、健康を害するような節約は逆効果です。

特に食事に関しては、栄養バランスを考えたうえで節約を心がけることが重要です。

  • 栄養バランスの良い食事
    安価な食材でも栄養バランスを考えることで、健康を維持しながら節約が可能です。
  • 運動習慣
    健康を害する節約を避けるためにも、定期的な運動は欠かせません。運動に多大な費用をかける必要はなく、自宅や公園での運動でも効果は期待できます。

将来を見据えて必要なものを取捨選択

将来を見据えた貯金や節約は、必要なものとそうでないものの区別が大切です。短期的な欲求に流されず、長期的な視点で物事を考えましょう。

  • 優先順位の設定
    買い物をする際には、本当に必要なものかどうかを考え、優先順位をつけることが重要です。
  • 長期的な計画
    特に大きな買い物や投資に関しては、長期的な計画を立て、将来への影響を考慮した上で決断を下しましょう。

20代での貯金や節約は、未来への投資とも言えます。

しかし、その過程でライフイベントを楽しめなかったり、健康を害したりすることがないよう、上記の点に注意を払いながら賢く進めていくことが大切です。

20代の若いうちに知っておくべき貯金の知識まとめ

今回の記事では、「20代の貯金額」に焦点を当て、平均値、貯蓄への影響要因、貯金のメリットや実践例、さらに貯金のコツまで、幅広く掘り下げました。

20代の方々にとって、貯金は将来への大切なステップであり、この時期にしっかりと貯蓄の基礎を築くことが非常に重要です。

以下にポイントをまとめます。

  • 1. 20代の平均貯金額を理解する
  • 2. 貯金影響要因を把握し調整する
  • 3. 若いうちから始める貯金のメリットを十分に享受する
  • 4. 実践例から学び自身に適用する
  • 5. 貯金コツを活用し貯蓄を増やす

この記事が、貯金を始めたい、または貯金額を増やしたいと考えている20代の皆さんにとって有益な情報源となれば幸いです。

貯金は一日にしてならず、小さな一歩から始まります。今日からでも遅くない、豊かな未来のための貯金生活をスタートしましょう。

このブログでは、資産形成や投資、お金の悩みに関する記事をメインに投稿しています。よろしければこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました