【節税】サラリーマンのできる節税対策一覧!

貯金

「支払う税金を少しでも減らしたい…」
「節税対策ってよく耳にするけど、税金って減らせるの?」

このような悩みや疑問を解決します。

現代日本では、知らなきゃ損、やらなきゃ損な節税対策が多く存在します。積極的に行動して節税した人としなかった人とでは、時が経つにつれてひと財産ほどの差ができてしまうかもしれません。

この記事では、サラリーマンのできる節税に焦点を当て、サラリーマンの税負担を減らす方法を解説していきます。

記事のポイントは以下の3つです。

  • 1.サラリーマンと個人事業主が納める税金の種類の解説。
  • 2. ふるさと納税やNISAなど、利用できる制度の全貌。
  • 3. 過度な節税対策を避ける方法

この記事の読了後、あなたはより多くの所得を保持しつつ、税金の負担を最小限に抑える方法を身に着けることができるでしょう。

トモヤ

現代社会を構成するありふれた社会の歯車。
「お金で困らない人生」を送るための知識を紹介していきます。
投資経験は5年ほど(国内個別株、投資信託、仮想通貨など)

トモヤをフォローする

支払う税金の基礎知識

税金を節約するためには、まず自分が支払う税金の種類を理解することが大切です。

サラリーマンと個人事業主では、納める税金の種類が異なります。ここでは、それぞれが支払う税金の種類について解説します。

サラリーマンが支払う税金の種類

サラリーマンが支払う税金には、主に以下のものがあります。

  • 所得税
    年間の収入に応じて計算されます。収入が多いほど税率が高くなる累進課税制です。
  • 住民税
    所得税と同様、年間収入に応じて計算されます。所得税に加え、住んでいる自治体へ支払う税金です。
  • 社会保険料
    健康保険や年金保険の保険料で、これも収入に応じて計算されます。直接税金ではありませんが、給与から自動的に引かれるため、実質的な負担として感じられます。

これらの税金は、給与から自動的に天引きされることが多く、手取り額が決まる重要な要素です。

所得税と住民税

所得税と住民税は、どちらも収入に対して課される税金です。

所得税の税率は、収入が多くなるほど高くなる累進課税に基づいています。所得税は収入が多くなるにつれて、5%から最大45%まで税率が変動します。

一方、住民税は市町村に納める税金で、こちらは一律で10%です。

税率は異なりますが、どちらも収入が増えると税金の負担額も大きくなります。

サラリーマン向け節税対策

税金は私たちの生活に必要なサービスを支える重要な資金源です。しかし、支払う税金が多ければ多いほど、手元に残るお金は少なくなります。

以下の節税対策を実践し、手元に残るお金をできる限り最大化しましょう。

ふるさと納税(寄附金控除)

ふるさと納税は、地方自治体に寄付をすることで、その寄付金額が所得税と住民税から控除される制度です。

その性質上、収入が高い人ほど利用できる額は大きくなります。

この制度を利用することで、自分が住んでいない、応援したい地域に住民税を収め、寄付金に応じた返礼品を受け取ることが出来ます。

イメージとしては、所得税と住民税の一部で買い物をしている状態に近いです。

控除を受けるためには確定申告やワンストップ特例制度を利用して申請を行う必要があります。

最近ではオンラインワンストップ申請も行えるようになり、より手軽にふるさと納税で控除を受けることが可能になりました

医療費控除

一年間に10万円以上の医療費を支払った場合、その支払った医療費を所得から控除することができる制度です。

これにより、所得税の負担が軽減されます。

この制度を利用するには確定申告が必要になります。

NISA(少額投資非課税制度)

NISAは、特定の口座で行う投資の利益に対して税金がかからない制度です。

この制度を利用することで、投資で得た利益を全額自分のものとすることができます。

非課税保有期間が無期限なため、長期的な資産形成を目指す人にとって有効な節税対策となります。

この制度を利用するには証券口座でNISA口座を開設する必要があります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoは、将来の年金を補完するための個人型確定拠出年金制度です。

この制度に加入し、掛け金を納めると、その金額が所得から控除されます。

これにより、所得税や住民税の負担を減らすことができます。また、将来受け取る年金に対しても税制上の優遇があります。

この制度を利用にも、証券口座で口座開設を行う必要があります。

生命保険料控除・地震保険料控除

生命保険や地震保険に加入していると、支払った保険料に応じて税金を控除することができます。

これにより、保険を通じて家計を守るとともに、税金の負担も軽減することが可能です。

この制度を利用するには、年末調整や確定申告を行う必要があります。

扶養控除

家族を扶養している場合、扶養している人数に応じて所得税が軽減されます。

この控除を利用することで、家族を支えながらも節税することができます。

この制度を利用するには、勤務先に「扶養控除等申告書」を提出する必要があります。

住宅ローン控除

住宅ローンを利用して家を購入した場合、一定の条件を満たすと、支払った住宅ローンの残高に応じた金額が、所得税や住民税から控除されます。

この控除を利用することで、大きな負担となる住宅ローンの負担を少しでも軽減できます。

この制度を利用するには確定申告を行う必要があります。

特定支出控除

特定の支出に対して、税金が控除される制度もあります。

例えば、エコカーの購入や省エネ住宅の取得など、環境に配慮した選択をした場合に利用できる控除があります。これにより、環境に優しい選択をしながら、税金の負担を減らすことができます。

この制度を利用するには確定申告を行う必要があります。

節税対策のコツ

ここでは、節税対策を行う際に、知っておくべきコツを紹介します。

クレジットカードで税金を支払う

クレジットカードを利用して税金を支払うことで、ポイントを獲得したり、支払いを一定期間延期できるメリットがあります。

例えば、年末にかかる固定資産税や自動車税をクレジットカードで支払うことで、カードによっては1~2%のポイント還元があります。

このポイントは、後日の買い物やサービスの利用時に活用できるため、実質的には節税につながります。

株取引で損をした時の控除

株式投資において損失を出した場合、その損失を他の所得と相殺して税金を軽減できる場合があります。

所得税法では、株式などの譲渡損失を他の譲渡所得や配当所得と相殺できるルールがあります。

例えば、年間で10万円の株式損失があり、同じ年に20万円の株式利益があった場合、損失分を利益から差し引いて課税される金額を10万円に減らすことができます。

節税に関する注意点

節税を行う際にはいくつか重要な注意点があります。

適切な節税対策を行うことで、無駄な支出を避け、手取りを増やすことができます。

過度な節税対策で不要な出費を増やさない

節税を目的として不必要な出費をすることは避けるべきです。

例えば、節税のために必要以上に高額な保険に加入したり、自分にとって必要のない投資を行うことは、結果的に財務状況を悪化させる可能性があります。

節税対策は、自分の財務状況やライフプランに合致しているかを常に考慮することが重要です。

サラリーマンは年末調整だけでは利用できない制度がある

サラリーマンの場合、年末調整で完結しない節税措置がいくつか存在します

例えば、確定申告を行うことで初めて利用できる控除(ふるさと納税の控除超過分や医療費控除など)があります。

年末調整では最大限に活用できない節税手段もあるため、確定申告を通じてさらなる節税効果を得ることができます。

共働きは収入の高いほうが扶養控除を利用する

共働きの家庭では、収入の高い方が扶養控除を利用することが税金の節約につながります

これは、所得税の計算方法において、所得が高いほど税率が上昇するためです。

扶養控除を収入が高い方が受けることで、全体として支払う税金の額を減らすことが可能になります。

年末調整と確定申告を活かそう

節税を行うには、その手順を正しく理解し実行することが重要です。

特にサラリーマンの方々にとって、確定申告や年末調整は節税の大きなチャンスとなります。

ここでは、それらのプロセスをわかりやすく説明し、具体的な例を挙げてみましょう。

確定申告の申告期間や方法

確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの期間に行われます。サラリーマンや個人事業主はこの期間内に、前年中の所得や支出に関する情報を税務署に報告し、正確な税金を計算してもらいます。

方法としては、直接税務署に出向く、郵送で送る、またはe-Tax(電子申告)を利用する方法があります。e-Taxを使えば、自宅のパソコンやスマートフォンから簡単に申告を完了できるため、近年はこの方法が推奨されています。

年末調整でサラリーマンが利用できる控除

年末調整は、1年間の給与から適切な税額を計算し、過不足のあった税金を調整するプロセスです。

サラリーマンはこの年末調整を通じて、多くの控除を利用することが可能です。

利用できる控除の例には、以下のものがあります。

  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 扶養控除
  • 医療費控除(一定の条件を満たす場合)
  • 住宅ローン控除

まとめ:サラリーマンのできる節税対策

節税に関する情報は、サラリーマンや個人事業主にとって非常に価値がある知識です。

この記事では、税金の基本から具体的な節税対策まで幅広く紹介しました。

以下に要点をまとめます。

  • 1. 税金の基礎を知る
  • 2. 節税の条件とメリットを把握
  • 3. 実用的な節税対策を実行
  • 4. 注意すべき節税のポイントを理解
  • 5. 正しい手順で節税対策を進める
  • 6. 便利な節税サービスを活用する

この記事で得られた知識が、皆さんの節税の役に立てれば幸いです。

支払う税金を少しでも減らし、将来自分や家族が豊かに暮らすための貯金や資産を順調に増やしていきましょう。

このブログでは、資産形成や投資、お金の悩みに関する記事をメインに投稿しています。よろしければこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました