【期待値はマイナス】宝くじの仕組みと買ってはいけない理由

投資

「宝くじを当てて、一生遊んで暮らそう!」

宝くじを買っている人の中には、このような考えを持っている人もいるのではないでしょうか。

そもそも大金を当てるのが難しい宝くじですが、宝くじで大金を当てて不幸になってしまう例も少なくありません

今回は、宝くじと不幸の関連性や、宝くじの当選確率に焦点を当てていきます。

記事のポイントは以下の3つです。

  1. 1.宝くじに当たった人々が直面する心理的・社会的問題
  2. 2.宝くじの当選確率とその数学的背景
  3. 3.宝くじを買うべきでない理由

記事を最後まで読むことで、宝くじの購入を考える際に、現実的な判断ができるようになり、より堅実な金銭管理をする一助となります。

トモヤ

現代社会を構成するありふれた社会の歯車。
「お金で困らない人生」を送るための知識を紹介していきます。
投資経験は5年ほど(国内個別株、投資信託、仮想通貨など)

トモヤをフォローする

宝くじの基本

宝くじがどのような仕組みで成り立っているか、皆さんご存じでしょうか?

ここでは、宝くじの仕組みや収益金の使い道、宝くじの種類を見ていきます。

宝くじとは

宝くじは、政府や公的機関が発行するギャンブルの一種です。

参加者は一定の金額を支払ってくじを購入し、抽選によって賞金が当たるかどうかが決まります。

宝くじの魅力は、少ない投資額で莫大なリターンが得られる可能性がある点にあります。ただし、その確率は非常に低いのが実情です。

宝くじの抽選は公正を期すため、厳格なルールと透明性のある方法で行われます。これには、ランダムな数字の選出や、監査機関による監視が含まれます。

収益金の使い道

宝くじ公式サイトによると、収益金の使用用途の内訳は以下の通りです。

  • 46.9%
    当選金として当選者に支払われます。
  • 36.7%
    収益金として発売元の都道府県や指定都市に納められ、公共事業に使われます。
  • 15.1%
    印刷経費や売りさばき手数料として使われます。
  • 1.3%
    社会貢献広報費として使われます。

売れ残りはどうなるのか

売れ残りの中に当選があることもあります。

ですが、抽選が行われる前にこれらの売れ残りは処分されるため、売れ残りの抽選権に対して当選金が支払われることはありません。

宝くじの種類とその特徴

宝くじにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。主な種類には以下のようなものがございます。

  1. 数字選択式宝くじ(ロト)
    参加者が複数の数字を選択し、抽選で選ばれた数字と一致すると賞金が当たります。数字の組み合わせによって、当たる確率と賞金額が変動します。
  2. スクラッチ宝くじ
    くじに印刷された塗装を削ることで、その下の絵柄や数字が現れ、賞金の有無が即座に分かるタイプです。手軽さが特徴で、小額の賞金が多く設定されています。
  3. 選挙型宝くじ(ジャンボ宝くじ)
    定期的に行われる大規模な抽選で、賞金額が非常に高いことが特徴です。年末ジャンボ宝くじなどが有名で、一攫千金を夢見る多くの人々に購入されています。

宝くじを当てる確率

「宝くじが当たったら何をしよう」とだれしも一度は考えたことがあるでしょう。

ここでは、宝くじを当てることがどれだけ難しいか、その確率に触れていきます。

確率計算の基本

宝くじの当選確率を計算するには、「全ての可能性の数」から「当選するケースの数」を割り出す方法が用いられます。

例えば、ロトなどの数字選択式の宝くじでは、選ぶ数字の組み合わせによって当選確率が計算されます。

今回は「1億円以上の当選金が当たる確率」を見ていきます。

宝くじが当たる確率を理解する

ロト6、ロト7、toto、ドリームジャンボで1億円が当たる確率は以下の通りです。

ロト6610万分の10.000016%
ロト71029万分の10.00001%
toto160万分の10.000062%
ドリームジャンボ1180万分の10.000008%

さらに具体的な実例を挙げると、もしロト6を毎日一枚ずつ購入したとしても、大当たりを引くまでに平均して約16700年かかる計算になります。

この事実は、宝くじが「夢」を売るゲームであると同時に、その実現可能性が極めて低いことを示しています。

このような統計を見ると、宝くじ購入の動機としては、楽しみや夢を求める心理が大きく、投資としての合理性は低いと考えられます。

購入する際には、これらの確率を理解した上で、無理のない範囲で楽しむことが大切です。

宝くじに当たった後の心理的影響

もし宝くじに当たったとしても、その出来事が必ずしも幸せにつながるとは限りません。

ここでは、宝くじに当たったことによる生活の変化や、精神的な負担について触れていきます。

宝くじを当てた人々の生活変化

多くの方々が宝くじに夢を見ますが、実際に大金を手にした後の生活は思い通りにいかないことが少なくありません。

宝くじが当たった方々の生活は、一見すると華やかで豊かに見えますが、突然の富は思わぬ悪影響を及ぼすことがあります。

ある調査によると、宝くじに当たった人の約70%が当選後5年以内に元の生活水準に戻ってしまうと報告されています。

これは、身の丈に合わない富に金銭管理のスキルが追いつかないため、散財や不適切な投資により財産を失ってしまうケースが多いからです。

また、人間関係においても大きな変化が生じることが確認されています。

友人や親戚からの金銭的な要求が増え、それによってストレスを感じるようになるという方も少なくありません。

さらに、突然の富によって生じる社会的孤立感は、精神的な健康を害する一因となる場合があります。

なぜ宝くじの大当たりが幸福でない場合があるのか

「宝くじに当たる」という出来事は、宝くじを当てた当事者に大きな精神的な負担を与えます。

理由は以下の通りです。

  • 人は急激な生活環境の変化に対して適応するのに時間が必要であり、特に金銭的な変化は適応が難しいから。
  • 大金を手にしたことで、自分の価値観や人生の目的が曖昧になり、何をすべきか迷うようになるから。
  • 富を得たことで、それを失うかもしれないという恐怖心が芽生えるから。
  • 大金を得たことで「自分が変わった」と周囲から見られることによってストレスが溜まるから。

宝くじに当たることは一見すると幸運な出来事のように見えますが、それが必ずしも持続的な幸福につながるとは限りません。

宝くじ購入の心理学

宝くじで大当たりを引く確率がとても低いことは、だれしも何となく理解していることでしょう。

ではなぜ、多くの人は宝くじを買うのでしょうか。

ここでは、宝くじを購入する人の心理に触れていきます。

なぜ人々は宝くじを買い続けるのか

宝くじを購入し続ける理由には、主に心理的な要因が強く影響しています。

  • 現実逃避
    宝くじを購入し、「当たったら何をしよう」と考える、ある種の現実逃避のために購入する人が多いです。
    特に、日常生活の中で直面する困難や不満から一時的に解放されることを求めている場合が多いとされています。
  • 低リスクで高リターンを得られるという誤解
    宝くじの「低リスクで高リターンを得られる可能性がある」という部分のみがフォーカスされ、購入するケースも多いです。
    莫大な金額を獲得できるチャンスがあるのは事実ですが、実際に大金を得られるのはごく一部の幸運な人のみです。
  • 「みんながやっているから」
    友人や家族が宝くじを購入していると、集団内での共有体験として受け入れられやすくなります。
    「みんながやっているから」という心理は、宝くじ購入の動機として非常に強力です。

宝くじを買ってはいけない理由

宝くじを購入すべきでない理由は、主に経済的な損失と心理的な影響に関連しています。

  • そもそも当たらない
    宝くじの投資商品としての期待値はマイナスです。
    これは、宝くじを購入した際に支払う金額に比べて、期待されるリターンが下回ることを意味します。
    宝くじで大金を手に入れる確率は非常に低く、購入した多くの人々が投じた金額以上のものを得ることはありません
  • 現実から目を逸らし続けてしまう
    宝くじに依存することで、現実の問題解決から目を逸らすことになります。
    一時的な幸福感や希望を買う行為は、根本的な問題に対する対処を避ける結果となりかねません。
    さらに、宝くじにいつか当たることを前提とした生活を送ることで、自己管理能力や将来計画を立てる能力が低下する恐れがあります。

宝くじを購入する行為は、一見して無害な娯楽のように思えますが、長期的に見ると個人の財産や精神健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

まとめ:宝くじの仕組みと買ってはいけない理由

本記事では、宝くじの基本、当たる確率、当たった後の心理的影響、そしてなぜ購入すべきでないのかについて解説しました。

記事のポイントをまとめます。

  1. 宝くじの投資商品としての期待値はマイナス
  2. 高額当選したとしても、身の丈に合わない金額によって不幸になってしまう例が多い
  3. 現実逃避も行き過ぎると悪影響が出る

「宝くじで一発当てて、遊んで暮らそう!」という現実逃避をしてしまう心理は、ストレス社会に生きる私たちの誰しもが理解できるものです。

しかし、数百万分の1の可能性に賭けるよりも、より堅実に資産形成をしたほうが高い確率で遊んで暮らせる未来を手に入れることが出来るでしょう。

このブログでは、資産形成や投資、お金の悩みに関する記事をメインに投稿しています。よろしければこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました